広州について
    南航は冬春フライシーズンのフライトプランを実施し、国際便が増加される予定
    2018-10-26


    10月28日から始まる民航冬春フライシーズンにおいて、南航は引き続き国際路線における輸送能力を強化して、広州、北米、東南アジアなどの国際路線の便を増やす予定です。

    豪?新へ航路は10本になり、航点8個、毎週92便、北米の航路は8本になり、航点6個、毎週42便、東南アジア市場では、バリ島、ランカウェイが4便増加させます。南アジアでは、冬春フライシーズンからは、南航は広州、カトマンズ、ニューデリーなどの便はA 330シリーズになります。広州から南アジアへの観光客は、ゆったりとした空間を持つ飛行機による快適な旅を楽しむことができます。

    今年8月に新しくオープンされた広州からラホールへ直接飛ぶ航路は、冬春フライトシーズンは次のように調整されます。10月29日から、広州-ラホール航路、便号CZ 637 / CZ 60 38はボーイングB 737 – 8になります。火曜日の便は水曜日に変更します。出発の便は毎週月、水、五、土曜日07 : 00広州から出発して、10 : 40ラホールに到着します、帰りの便は11 : 55にラホールから出発して、20 : 00広州に到着しました。(以上は全部現地時間)